医師の収入を全てサポート|資産運用のノウハウ

店舗の会計コストを抑える

レジスター

店舗の会計の見直し

コンビニエンスストアやスーパー、個人商店に至るまで会計は、大きなレジを設置して使用していました。しかし最近はタブレットが発達し、レジもタブレットを導入するところが増えています。但しタブレットを購入しただけではレジに対応できませんので、レジ専用のアプリをダウンロードして利用する必要があります。レジのアプリを導入するメリットですが、まずは圧倒的にコスト削減できるところです。タブレット購入費用は1台3〜4万円程度のため、数十万円するレジ本体価格より遥かに安価です。専用アプリも殆どが無料でダウンロードでき、年会費等も無料です。他に必要なものは、キャッシュドロアというお金を保管する装置とレシートを印刷するレシートプリンター程度で、2つ合わせても5万円程度です。次にアプリの便利なところは、様々な管理を一括でできるところです。例えば面倒な在庫管理もアプリに入力すれば自動で在庫管理ができ、本部とネットワークで繋げばどの店舗で何が不足しているか瞬時でわかるので迅速に手配することができます。また顧客情報も登録しておけば、名前を検索するだけで今までの購入履歴や傾向が瞬時に表示されるので、上得意様に失礼のない対応ができます。更に店内にwifi環境を整えれば店舗内のどこでもタブレットを持参すれば会計を済ませることができますので、お客様に負担をかけなくてすみます。アプリの使い方も簡単で、タブレットやスマホを使用したことがあれば、誰でもすぐに使用できるのも魅力です。